廃棄物を直して売るのは古物商として許されるのか

廃棄物を直して売るのは古物商として許されるのか

廃棄物を直して売るのは古物商として許されるのか 古物商は他人から骨董品などの古物を有償で引き取って、それを他人に転売することで利益を得る事業と定義できます。
したがって引き取る古物はあくまでも価値があるものに限定されるといっても過言ではありません。
廃棄物を直して売る、いわゆるリサイクルショップのような業態は、引き取るのはあくまでも価値がまったくない廃棄物で、それが修理によって付加価値がプラスされて転売できる状態になっていると考えることができますので、かなりニュアンスが異なっています。
この場合は古物商としての営業許可を受けているかどうか以前の問題として、そもそも許可を受ける業態には当たらないケースが多いといえます。
ただし注意しておきたいのは、廃棄物収集運搬業などの別の法令にもとづく許可が必要になるおそれがあることです。
こちらは古物商の営業許可を取得するよりも逆にハードルが高い可能性が否定できませんので、実際に営業をはじめる前によく確認をしておくことが重要です。

未成年で古物商になれる?

未成年で古物商になれる? 基本的に20歳未満の未成年者は、古物商になることはできません。
しかし三つの例外があり、この例外に当てはまるのであれば20歳未満であっても古物商になることが可能です。
例外の第一に結婚した人が挙げられます。
法律によって結婚することで成年者と同じだとみなされて、古物営業の資格を得ることができます。
二つ目には法定代理人から営業を許された人が挙げられます。
いわゆる保護者が古物商について同意をした場合にも、20歳未満であっても営業の許可を得ることは可能です。
これはあくまでも営業についての同意が必要となり、アルバイトの許可に関する合意があったとしても、許可を得ることはできません。
最後に相続人である場合です。
子供の生の相続人である未成年者であり、例えば親が亡くなって子供が跡を継ぐ場合などには、古物商になることができるでしょう。
これらに該当していても、実際になる場合には登記を行う必要があります。
未成年者本人が営業所の管理者になることはできないため、本人とは別に最低一人の医者が発揚となるでしょう。

新着情報

◎2018/6/1

古物商許可の資格が必要です
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

廃棄物を直して売るのは許されるのか
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

古物商の遅延理由書とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/4

「古物商許可」は法人利用できる?
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

「古物商」と「古物市場主」
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

サイトを公開しました

「廃棄 売る」
に関連するツイート
Twitter

関心が高まるアパレル廃棄問題。残った在庫を捨てずに、どう売るか? zuuonline.com/archives/216195

Twitter山田耕史 書籍「結局、男の服は普通がいい」発売中!@yamada0221

返信 リツイート1 9:27

販売元に連絡したら、孫氏は改めて送られた事、日米コメ摩擦研究の本は送り返さなくていいから売るなり廃棄するなりして下さいと返答があった。

最近農家さんたちがテレビで廃棄しなければいけないとか、子供のように大事にしていたのに…みたいなことよく聞くけど、そこまで大事にできるんなら安く売るとか、施設みたいなところに寄付するとかダメなのかなって思ってしまいます…

関心が高まるアパレル廃棄問題。残った在庫を捨てずに、どう売るか? a.msn.com/00/ja-jp/BB14H…

返信先:@Altair_game_ それ処分に金かかる産業廃棄物ですよ(そんな紙げーを売るなんてとんでもない)

Twitter新宿の翁@ボスガエル@BALDR_SKY_high

返信 リツイート 昨日 23:12

消費期限が本日だけど、これ39円(税別)くらいだったんです。こんなに安いのは初めてですが、明日中に食べ切れるし、廃棄するより安く売るのは正解でしょう。 pic.twitter.com/7NefjgHLsj

倉庫に新しいアイテムがあります って、廃棄物置いてあるらしい しかも、この廃棄売るんだとか言ってる🤣🤣